MeCabをAnacondaのJupyter Notebook で実行

MeCab

MeCabとはWikipediaによると、

MeCabオープンソース形態素解析エンジンで、奈良先端科学技術大学院大学出身、現GoogleソフトウェアエンジニアでGoogle 日本語入力開発者の一人である工藤拓によって開発されている。名称は開発者の好物「和布蕪(めかぶ)」から取られた。

 

ということです。早速インストールしてみます。

 

  • MeCabのHPに移動

    f:id:yo4-su:20201124145907p:plain

    [home page]


  • 「ダウンロード」をクリックするとダウンロードページに移動します。Windows10を使用しているので、Windows10用を選択します。Binary package for MS-Windowsの下のダウンロードをクリックしてmecab-0.996.exeをダウンロードします。

    f:id:yo4-su:20201124150129p:plain

    [MeCab DownLoad]


 

  • インストール中に使用する言語はそのままで

    f:id:yo4-su:20201124160711p:plain

    [Japanese]


  • MeCab セットアップウィザードの開始は「次へ」

    f:id:yo4-su:20201124160943p:plain

    [MeCab setup]




  • 辞書の文字コードの選択はUTF-8を選択し「次へ」

    f:id:yo4-su:20201124161148p:plain

    [UTF-8]


  • 使用許諾契約書の同意は同意するを。

    f:id:yo4-su:20201124161317p:plain

    [使用許諾契約書]


  • インストール先の指定はデフォルトのままで問題ありません。「次へ」

    f:id:yo4-su:20201124161522p:plain

    [インストール]


  • プログラムグループの指定はデフォルトでOK。「次へ」

    f:id:yo4-su:20201124160711p:plain

    f:id:yo4-su:20201124161914p:plain

    [プログラムグループの指定]



  • インストールをクリックするとインストールが始まります。セットアップ中に
    MeCabの辞書を作成します。作業には1分ほどかかる場合がございます。」が表示されたのでOKをクリックします。最後に完了を押して終了です。

    f:id:yo4-su:20201124162053p:plain

    [インストール]


  • 環境変数の設定を行います。Windows10の場合、左下の検索に「システムの詳細」と記入し、システムのプロパティを開きます。

    f:id:yo4-su:20201124162713p:plain

    [システムのプロパティ]


  • 環境変数ボタンをクリックし、表示された画面からシステム環境変数の「Path」を選択し編集ボタンをクリックし以下を追加します。

    C:\Program Files (x86)\MeCab\bin

 

  • Anaconda Promptを開いて以下を実行します。
    pip install mecab

 

 

Jupyterノートブックを開いてMeCabを実行してみました。

 

f:id:yo4-su:20201126095559p:plain

[Jupytor Notebook MeCab]