夏目漱石の「こころ」読書感想文をpythonで作成

インターネットで「こころ 読書感想文 例文」で検索して得られた文章をまとめて一つのファイルに作成し、そこからMeCabとMarkovifyを使って感想文を作成します。

 

python code

pythonのコード例です。

import MeCab 
import markovify
file_name =open('souseki.txt')
text=file_name.read() 
tagger = MeCab.Tagger("-Owakati")
text1 = tagger.parse(text)

model = markovify.Text(text1,state_size=2)
sentence=model.make_sentence(tries=100)
sentence=sentence.replace(" ","")
print(sentence)

 

  1. import
    MeCabライブラリとマルコフ連鎖のライブラリを読み込みます。
    import MeCab
    import markovify
  2. ファイルオープン
    夏目漱石のこころの読書感想文をまとめたテキストファイルsouseki.txtを読み込みます。
    import MeCab
    import markovify
  3. MeCab::Taggerクラスをインスタンス指定します。引数に"-Owakati"を指定することで、parseメソッドが引数のテキスト文に対して分かち書きを行います。
    分かち書きとは英語の ように ことばの くぎりに 空白を いれる 書きかたです。
    (参考:"-Owakati"の代わりに"-Ochasen"を使用すると分かち書きに対してその単語が名詞なのか、動詞なのかを表示します。)
    tagger = MeCab.Tagger("-Owakati")
    text1 = tagger.parse(text)

  4. markovify::Textクラスをインスタンス化します。
    make_sentenceメソッドは元の文章と重複しないように文章を作成します。
    成功しないとNoneを返してきます。tries=100など試行回数を指定することで回避できます。また、もとものテキストの文章が短いと何度トライしてもNoneとなるかもしれません。
    model = markovify.Text(text1,state_size=2)
    sentence=model.make_sentence(tries=100)
  5. 分かち書きになっているので、スペースを置換します。
    sentence=sentence.replace(" ","")
  6. 結果を表示します。
    print(sentence)

 

実行結果

自動生成されましたが、きれいな文章には・・。

 

私がカウンセラーなら、主人公や登場人物の台詞、どれをとっても素晴らしいと感じること。その戦いの連続だった。漱石の「こころ」が鎌倉の海岸で出会ったどこか寂しげな「心の予行練習をします。そのため、もしそれで悪い結果になっている事、そしてそれによって一生背負わなければ、私はこれまで、漱石が私たちに残した正に「でも、私は最初、先生との三角関係が描かれます。かつて先生の過去を語ることを恐れているようですね)国語の先生の授業よりも、「上・中・下」は、その五年後、大病を患ってから先生と同じように罪悪感を感じ先生にもやさしく寄り添うような判断は「性衝動」に惹かれた「中」が省略されているように自殺に追いやる事は避けられた枠の中に、先生との恋を成就させるために友人である。おそらく、このような「思考の方向づけ」を交えながら読書を楽しむのかもしれない。このせりふは夏目漱石の「K」による恋の辛い結末が、その当人たちのこころにもやさしく寄り添うような鋭さと冷たさがありません。結婚後もずっと不幸な境遇。そんなKと先生の側に立って読んでみると、また新しい感覚が私たちに残した正に「本来採るべき正しい判断」だと指摘されるに違いない、人を出し抜く、Kの気持ちを知っていました。文豪と称される理由の一つを実感できた。作品の根幹をなすのは、読んでいたくらいのものだった。ざっと読み返すにあたり、カウンセラーのつもりで登場人物に、歴史的なこの名作を書き残せたということです。結果、私はこの『こころ』のストーリーについては、人間の醜さには他の方の見方や解説を何気なく読んでみるといいよ」と諭すだろう。こころは、鎌倉で偶然出会ったどこか寂しげな「心の中へ引きずり込まれている人物です。恥ずかしながら私は又ぐたりとなります。」この一部に、漱石の作品の中に収められるくらい完成された女性と、裏で連絡を取り合い、そして故郷に帰った「中」のだと思います。先生は私の興味や好奇心をヒリヒリとヤスリでこすられるような心の予行練習をしてしまうことがないのでどうなることをしています。親友から好きだと思うので先生の過去を持ち、人間関係と病とで精神的に向上心のないものは馬鹿だ」という存在に惹かれている直前の父を置いて、何で他の小説にこれまで一度もカンニングをして愛する人間と結婚してしまうという悲劇である。おそらく、若い時の誤った行動には、感情に流されずに勝手に先を知りたいと思わせるようなズルはしません。誰だって好きな男子がいたら、その後どうなることをしてしまうのか分からないのですが、実は、本格的なこの名作を書き残せたということだ。悩みを「第三者に怒りさえ覚える。すると、また新しい感覚が私たちに残した正に「本来採るべき正しい判断」とのアドバイスからだったことがないと言えば、は、結局は、まったく古さを知ることもあります。